40歳既婚男性国家公務員の年収は590万円で貯金は200万。

千葉県にお住まいの40歳既婚男性「金 玉三郎」さんから年収・貯金額情報を投稿いただきました。玉三郎さんのお仕事は国家公務員です!

国家公務員さんは一体どの程度の年収を稼ぎ、いくらくらい貯金しているんでしょうね?

それでは、早速、国家公務員として働く40歳既婚男性の情報を見て行きましょう!

まずは平均年収と比較して玉三郎さんの年収が多いのか?少ないのかをチェックです。40歳男性の平均年収は500万〜520万円。よって、平均よりも70万〜90万円も多く稼いでいる事になります。

さすが国家公務員です。競争率の激しい試験をクリアした優秀な人のみがなれる職業ですね。

玉三郎さんは、難しい国家公務員試験に合格するために、学生時代に勉強をかなり頑張っているはずです。遊ぶ時間を惜しんで試験勉強をしたはずです。つまり、その努力の見返りが、70万〜90万円の年収の差であるということです。

さて、この金額は見返りとして十分でしょうか?

学生時代に数年間頑張るだけで、社会人人生約40年間、毎年70万〜90万円も多い年収をもらえるわけです。平均的な年収を得る人と比較すると、単純計算でも70万×40年間=2,800万円もの大金を手に入れる事ができるわけです。そう考えると、十分な見返りと言ってもいいのではないでしょうか?

でも、そんなに単純じゃないんだよね。だって、玉三郎さんの残業時間は月平均70時間もあるんだもん。平均より多い年収をもらえる最大の理由は、「難しい試験に合格したから」ではなく、「頭を使って難しい仕事をしているから」でもなく、「長時間働いているから」なのかもしれない。

そう考えると、国家公務員の年収はもっと多くてもいいかもしれませんね。ただ、国家公務員は年収以外のところで、民間人よりも良い待遇を受けていると言われています。例えば、相場なら10万円するような家賃のマンションに3万円で住めるとか、共済年金は国民年金・厚生年金と比較するとかなりお得な作りになっているとかね。

国家公務員の年収については、賛否両論あるだろうけど、我々国民の生活基盤を構築し、平和で平穏な生活を維持するための大切な仕事ですからね。年収や待遇において、平均よりも良い条件じゃないと優秀な人間は集まりませんからね。それを考えると、もう少し年収高くてもいいんじゃないかとは思いますが・・・。

スポンサーリンク

▼千葉県で国家公務員をする40歳既婚男性の年収・貯金額

●ニックネーム-金 玉三郎
●年齢-40歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-千葉県
●独身or既婚-既婚
●職業-国家公務員
●勤続年数-17年
●月平均残業時間-70時間
●年収(税込み)-590万円
●ボーナス-夏45万・冬50万
●貯蓄額-200万円程度
●借金-150万円

<コメント>
生活するには十分ですが、貯蓄するには厳しいと感じています。