24歳男性自衛官の年収は360万円で貯金は300万円

広島県在住の24歳独身男性、ぬるぽさんから年収・貯金額情報を投稿いただきました。ぬるぽさんは自衛隊勤務です。様々な脅威から日本国、日本人を守る自衛官さんなのです。

さて、自衛官さんって具体的にどんなお仕事をしているのでしょうか?

まずは「防衛活動」ですね。日本の領空や領海への外敵の進入を防ぐ活動をしています。次は「緊急救助活動」。自然災害(地震・台風・大雨)が発生した時に警察や消防などと協力をして救助活動を行います。最後は「国際平和協力活動」ですかね。海外の紛争地域や災害発生地域で、その地域の平和維持と災害復興のための活動を行い国際社会に貢献します。

我が国のみならず、世界の平和のために働く立派なお仕事ですね。

それにしても、ぬるぽさんは「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」のどこに所属しているんでしょうね?投稿内容見てもわからないか・・・。

さて、それでは24歳独身男性自衛官の年収を見て行きましょう。24歳男性の平均年収は290万円〜310万円です。よって、年収360万円のぬるぽさんは、平均よりも60万円程多く稼いでいる事になります。

そりゃそうですよね。自らの危険を顧みず我々を守るために頑張ってくれているわけですから。最も危険な仕事と言っても過言ではないわけですからね。高いリスクには高いリターン、つまり平均以上の年収があって当然です。

また、平均以上の年収を与えられていること以外にも自衛官さんたちは優遇を受けている物があります。自衛官さんたちは、基地や駐屯地に住んでいれば、居住費は無料だし、食事も毎日3食無料。これをお金に換算すると結構すごい金額になります。

月の家賃が5万円だとすると年間60万。食費が1日1,500円だとすると年間55万円です。つまり、この2つの待遇だけで115万円もの金額的価値が与えられてることになるのです。

ま、基地や駐屯地で暮らすということはプライベートを多少犠牲にしているわけです。なので、この115万円という金額は妥当といえば妥当かもしれませんね。

それにしても、自衛官って「特別職国家公務員」っていうんだね。知らなかった・・・。

スポンサーリンク

▼24歳男性自衛官の年収・貯金額

●ニックネーム-ぬるぽ
●年齢-24歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-広島県
●独身or既婚-独身
●職業-自衛官(特別職国家公務員)
●勤続年数-6年
●月平均残業時間-?
●年収(税込み)-360万円
●ボーナス-夏45万・冬45万
●貯蓄額-300万円
●借金-0円

<コメント>
メリットと言えば食事代がタダって事ぐらいか?
投資の勉強してるけど、じわじわ貯金が減ってる。