東京で働く27歳独身男性会社員の年収は650万円で貯金は700万!

東京都にお住まいの27歳独身男性ゆうたさんから年収・貯金額情報を投稿いただきました。ゆうたさんのお仕事は会社員・・・。もう少し詳しい職業の情報が欲しかったですね。会社の業界とか、職種とか・・・。ま、タダで年収情報を教えてもらっているだけでもありがたいので感謝感謝ですけどね。

では、早速27歳独身男性ゆうたさんの年収・貯蓄額を見て行きましょう。まず、同世代の平均年収と比較です。27歳男性の平均年収は360万円です。よって、ゆうたさんは同い年の友達よりも290万円も多く稼いでいるという結果になりました!

まじすごいっすね(汗)でも、こうなるとやっぱり知りたかったなぁ〜

職業の内容をもっと詳しくね。お勤めの会社の属する業界、大企業とか中小企業とかベンチャー企業とかいう会社の規模、営業・事務・企画・経理・技術職・プログラマーとかの職種、資格の有り無しとかね。っと、まぁ〜贅沢なお願いなんですが・・・。

さて、それんしてもなぜゆうたさんはこんなに高給取りなのでしょうか?

まず考えられるのは残業代。超〜忙しい仕事をしていて、残業代が基本給超えちゃってたりして?ってことで、ゆうたさんの月間平均残業時間を見てみると・・・。

やっぱり多いですね。70時間時間です。過労死認定基準とされている80時間の一歩手前です。健康に悪影響を与えない範囲で最大限稼ごうとした時のMAX時間と言っても過言ではないでしょう。

では、月間70時間働くと年収いくら分に値するのか計算してみましょう。仮にですが、残業時間の時給を2,000円として計算してみます。2,000円×70時間×12ヶ月となりますからその額はなんと168万円となります。つまり、年収650万円のうち25.8%を残業代で稼いでいる計算です。

でもね。ゆうたさんはボーナス金額も凄いんです。夏85万・冬85万円の年間合計170万円ものボーナスを貰っているんです。つまり、残業代が全額出ているとするならば、残業代とボーナスを合わせると338万円ということになる。つまり、残業代とボーナスを引いた基本給だけによる年収は312万円となり、月給は26万になるのです!

・・・ま、違和感ないか。な?

でも、基本給から逆算するとボーナスは3.2ヶ月分か。年間では6.5ヶ月分。ボーナスが多い会社なんだなぁ〜。それだけ業績がいいということなのでしょうか?

年収650万円という高い年収の秘密を勝手に計算して、基本給がどうの残業代がどうの、ボーナスもらいすぎじゃねぇ〜の?なんて好き勝手な想像はこれくらいにしておいて、話は変わりますが、貯金額も凄いですよね。

27歳の若さで、社会人4年目にして700万円ですよ。学生時代から貯金していたのかもしれませんが、そんな金額たかが知れているでしょう。よって、単純に働き始めてから貯金しているとするならば、年間175万円もの貯金をしている事になります。

ボーナスを一切使わず全て貯金しても足りない金額ですよ。ボーナス全額を貯金しながらも、毎月コツコツ数万円を積み上げたのでしょう。日本の会社員の年収は年々右肩下がりとなっている中、平均年収をはるかに超える金額を稼ぎながらも、しっかりと貯金している。

コメント欄に「浪費癖がなおりません。東京は物価も高いので食費もかかる。。。」なんて書いておきながら、言ってることとやっていることがぜんぜん違うんだから・・・。

年収300万円時代なんて言われるこの日本で、ゆうたさんみたいな人と結婚する女性は安泰ですね。あくまでも、経済的な面においては・・・。(残業残業で帰宅が遅いだろうから、結婚生活は寂しいかもね)

スポンサーリンク

▼東京で働く会社員27歳独身男性の年収・貯金額

●ニックネーム-ゆうた
●年齢-27歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-東京都
●独身or既婚-独身
●職業-会社員
●勤続年数-4年
●月平均残業時間-70時間
●年収(税込み)-650万円
●ボーナス-夏85万・冬85万
●貯蓄額-700万円
●借金-0円

<コメント>
浪費癖がなおりません。
東京は物価も高いので食費もかかる。。。