大阪府の百貨店で化粧品販売をする23歳の年収は320万で貯金は4万!一人暮らしだからしょうがない

大阪府にお住まいの23歳独身女性Ponaさんから年収・貯蓄情報を投稿いただきました。Ponaさんのお仕事は百貨店での化粧品販売です。

いやいや、百貨店での化粧品販売員さんって結構お高いお給料をもらっていらっしゃるんですね。23歳女性の平均年収はだいたい230万円〜240万円ですが、Ponaさんは平均よりも80万円〜90万円も高い、年収320万円ですから。入社2年目でこの金額はかなり凄いですよね。

この高い年収の秘密は一体何なのでしょうか?

まず最初に思いつくのは残業時間。沢山残業をして沢山残業代を稼いでいるのではないか?ということです。しかし、Ponaさんの残業時間を見ると、たったの5時間。1ヶ月だいたい22日働くのに、その間にする残業時間がたったの5時間ですよ。実質、残業していないのと同じです。残業代で平均よりも50万くらい多く稼いでると思ったら違うようですね。

では、やっぱり化粧品販売員という職種上、歩合制のお給料なのでしょうか?で、Ponaさんは優秀な販売員で、毎月ノルマを達成!毎月かなりの金額を売り上げているとかかな?と思ったら、これまたハズレです。販売員としてのノルマ達成度、業績などはボーナスに反映するようですが、ボーナスの額から見れば微々たるもの。歩合制の色は薄く、ほとんど固定給なんですね。(そういえば、Ponaさんは百貨店の社員なのか?それとも、百貨店にテナントとして入っている化粧品メーカー・販売店の社員なのか?どっちなんだろう?)

ということで、Ponaさんがなぜこんなに若くして320万円という平均年収を超えるお金を稼いでいるのか?その秘密はわかりませんでした。しかし、Ponaさんのコメントにこう書いてあります。「仕事のやりがいはありますが、あまり昇給しない」と。

23歳の若さで320万円といえば、高給取りと言えるし魅力的な年収水準ですが、これが10年後、20年後にあまり変わらないとなれば、確かに辛いかもしれませんね。でも、女性の平均年収って30代でも40代でも大きく変わらず300万円をちょと下回るくらいなんですよね。

それを考えれば、昇格が少ないとしてもずっと平均年収を超える金額を稼ぎ続けられるってわけですけどね。あとは、結婚するかずっと独身を貫くかが問題です。結婚するならば、年収300万超えあれば生活に困ることは無いでしょうが、一生独身なら、年収300万円では十分豊かな生活を送るのにはちょっと足りませんからね。

スポンサーリンク

▼百貨店で化粧品販売をする23歳独身女性の年収・貯金額

●ニックネーム-pona
●年齢-23歳
●性別-女性
●住所(都道府県)-大阪府
●独身or既婚-独身
●職業-百貨店化粧品販売
●勤続年数-2.5年
●月平均残業時間-約5時間(月によって変わる)
●年収(税込み)-320万
●ボーナス-夏12万・冬10万 個人差あり
●貯蓄額-4万
●借金-奨学金の返済

<コメント>
仕事のやりがいはありますが、あまり昇給しないのと手取りの少なさは勤続年数が少ないとあります。私は一人暮らしなので貯蓄できていませんが、実家暮らしの人が多いので実家ならば貯蓄できるかと思います。。