卸売業で働く36歳男性の年収は400万。親のローンを肩代わり中。

都内の卸売業を営む会社で働く36歳独身男性から情報を投稿いただきました。

36歳男性の平均年収は約460万円なので、平均より少し少ない稼ぎってことになりますね。ただ、残業時間を見ると平均を遥かに超えている状況です。

月の平均残業時間はなんと150時間。毎日7時間近く残業している事になります。毎日7時間ですよ。仕事を終えて家に帰り着くのは恐らく12時過ぎでしょう。そんな生活を毎日続けているわけです。

そう考えると、年収400万円は安すぎる。恐らくこの残業はほとんどサービスなんでしょうね。サービス残業ではなく残業代をもらっていれば、年収は400万円では済まないでしょうからね。

しかも、不幸なことに親御さんが家を新築した途端に病に倒れ、そのローンを肩代わりしているようです。自分の労働環境だけでも大変だというのに、親のローンを肩代わりまでしてるなんて本当になと言っていいのやら・・・。

せめて、会社の労働環境が変わり、ちゃんと残業代をもらえる様になるか、もしくはこのような長時間労働がなくなると良いのですけどね。

このままだと、心身ともに疲れてしまい体を壊すのも時間の問題ではないでしょうか?人事ながらちょっと心配ですね。

スポンサーリンク

▼都内の卸売業で働く36歳独身男性の年収・貯金額

●ニックネーム-麻
●年齢-36歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-都内
●独身or既婚-独身
●職業-卸売業(事務)
●勤続年数-10年
●月平均残業時間-150時間
●年収(税込み)-400万
●ボーナス-夏40万・冬30万
●貯蓄額-100万
●借金-1400万(実家のローン)

<コメント>
親が家を新築した直後に倒れましたのでローンを肩代わり中です。

彼女の都合もあり、今年中に結婚をしなければならないのですが正直不安です。

今月から給料の引き下げも始まってしまいます。