年収が100万減ったのに嫁の浪費癖が治らないから貯金が減る。

山口県の製造業で働く35歳既婚男性から情報を投稿いただきました。

35歳男性の平均年収は470万程ですから、かなり稼いでいる事になりますね。しかも、月の平均残業時間はなんとたったの8時間。残業なんてしていないと言ってもいいくらいですね。残業なしで平均年収を以上を稼ぐなんて本当に凄いですね。

さて、そんな高給取りなbukkenさんですが、実は去年まではもっと稼いでいたようです。その金額は今より100万円も多い700万。

年収600万でも羨ましいのに、去年まで年収700万だなんて。しかも、お住いは山口県ですよ。いい暮らしができてたんでしょうね。

しかし、驚きなのは貯金額。これだけの高給取りにも関わらず、100万円しか貯金できていません。コメント見れば分かりますが、その理由は奥さんの浪費癖。

年収が100万円も減ったのに、生活レベルが変えられないようです。ま、bukkenさんの奥さんに限らず、人間というものは一度レベルの高い生活を経験すると、そう簡単に落とすことは出来ませんからね。

実際、貯金がどんどん減っていくことを実感しているはずなのに、浪費癖が直せないわけですらね。奥さんかなり重症ですね。もう、旦那さんが家計を全て管理するしか貯金を守る方法はなさそうですね。

スポンサーリンク

▼製造業で働く35歳既婚男性の年収・貯金額

●ニックネームーbukken
●年齢-35歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-山口県
●独身or既婚-既婚(息子1人)
●職業-製造業
●勤続年数-10年
●月平均残業時間-8時間
●年収(税込み)-600万くらい
●ボーナス-夏80万・冬80万
●貯蓄額-100万
●借金-無し

<コメント>
3年前まで貯金は350万円くらいありましたが、いつの間にか100万円まで減少。

原因はハッキリしてて、年収が100万減ったのに、これまでと同じ生活レベルでお金を使ってるから。

私の小遣いは減らすくせに、嫁の通販癖(生鮮食品類、化粧品、サプリメント、グッズ類、etc)は殆ど減らす気配なし。

本人は頑張って節約してる気になってるが、実際支出は殆ど減ってないのが痛い。今の収入レベルで本気で貯金するなら、生活レベルを落として支出を落とすしかないことに未だに気付いてくれない嫁。

このままだと、来年の今頃は借金生活確定。