年収1,200万円だけど貯金無し|33歳会社役員の年収・貯金額

東京都で会社役員として働く33歳バツイチ男性から情報を投稿いただきました。

33歳で年収1,200万です。羨ましいですね。年収1,200万円と言えば、大企業の部長レベルの年収です。大企業で部長になれる年齢は、45歳〜50歳くらいでしょう。よって、33歳で年収1,200万円を稼ぐということは、普通のサラリーマンではほぼ不可能なわけで、それを成し遂げたgaosonさんがいかに凄いかってことが分かります。

でも、これだけの高収入を得ているにも関わらず、なんで貯金がないんでしょうね。貯金が無いどころか、借金が200万円もあります。これだけの高年収を得るようになったのがつい最近なのか?それとも、起業する時にそれなりの借金をし、現在返済中なのか?

いずれにせよ、gaosonさんも色々と苦労されて来たってことなんでしょうね。

苦労してるのは仕事だけではないようで、プライベートにおいても離婚を経験し、現在バツイチで更に子持ちとのことです。離婚して子供はgaosonさんが引き取ったんでしょうか?

会社役員をしながら子供を育てるって、並大抵の努力じゃできないでしょうから、相当苦労されてるんでしょうね。バイタリティーある人なんだろうなぁ〜。

スポンサーリンク

▼会社役員として働く33歳バツイチ男性の年収・貯金額

●ニックネーム-gaoson
●年齢-33歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-東京都
●独身or既婚-バツイチ子持ち
●職業-会社役員
●勤続年数-?
●月平均残業時間-?
●年収(税込み)-1200万
●ボーナス-無し
●貯蓄額-無し
●借金-200万

<コメント>
独立起業して年収大幅増になりました。自己責任は大きいですがリスクに見合った収入かと思います。

自分の努力次第で収入が自分で設定出来るのは起業の最大の魅力です。