共働き夫婦の年収は驚愕の1,800万。貯金は6,800万!お金を使う暇がない。

長崎県で専門職をする33歳既婚男性から情報を投稿いただきました。

奥さんは会社の同僚。社内結婚です。そして、結婚後も奥さんは寿退社をせず、そのまま二人で共働き。旦那さんと奥さんの年収は同じ金額ってことなので、奥さんは総合職でバリバリ働くキャリアウーマンなんでしょうね。

そして、二人は普通の会社員ではない。33歳の若さにして年収900万を稼ぎだす、スーパーサラリーマンです。そんな二人が結婚し共働きで稼ぎまくってるなんて・・・。本当に羨ましいですね。

しかし、当の本人は今の生活に全く満足していないとのことです。

お金がないってのも大きな悩みですが、お金があるけど使う時間が無いってことも悩みになっちゃうんですね。贅沢な悩みですけど。。。

もし、私が葦さんの立場だったらどうするかなぁ〜。

共働きによる世帯収入は1,800万円でしょ?で、生活はかなり質素。ってことは、年間900万は貯金出来ますよね。あと10年頑張れば貯金を9,000万増やすことも可能ですね。そうすれば、貯金総額を1億5千万くらいにすることも可能なわけか。。。

1億5千万貯金出来れば、やっぱりセミリタイヤかな。43歳でセミリタイヤして、のんびりとした人生を過ごすってのもいいですね。

お金があると人生の選択肢は広がる。やっぱり羨ましいな。

▼長崎県で共働きをする33歳既婚男性の年収・貯金額

●ニックネーム-葦
●年齢-33歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-長崎県
●独身or既婚-既婚
●職業-専門職
●勤続年数-5年
●月平均残業時間-100時間以上
●年収(税込み)-900万(手取り)×2(嫁は同僚で同期)
●ボーナス-なし。
●貯蓄額-6,800万
●借金-なし

<コメント>
共働きで遊びに行く暇はなく、飲みにも旅行にも行かず、否応なしに貯金ばかり貯まる。

食べ物も質素(納豆ご飯とかみたいな感じ)。

引越し族で家も建てらられず今後も出費の予定なし。金ばっかり貯まる感じであまり満たされないというのが正直なところ。