海外赴任者の給料|36歳で年収1,000万・貯金は3,600万

海外赴任歴10年の36歳男性から情報を投稿いただきました。

先進国への海外赴任ではお金が貯まらないですって。36歳で貯金3,600万円もあるのにこんな発言しちゃうなんてどんなセレブなんでしょうね。

恐らく我々一般人とは違う次元で生きてるんだろうな。36歳で年収1,000万円も稼ぎ、貯金を3,600万円も貯め込んでいるのに満足できないなんて、その感覚が理解出来ません。

俺なら満足しちゃうけどね。

多分、発展途上国に海外赴任している同僚と比較しているのでしょう。発展途上国に海外赴任している同僚さんは、かなり安い生活費で暮らすことができているでしょうから、貯金できる金額は先進国に赴任している人よりもかなり多いはず。

そんな人と比較しているから自分の貯金額に納得できないんでしょうね。日本で働く同僚と比較すれば満足できるレベルの貯金ができているはずだけどね。

▼先進国へ海外赴任している36歳男性の年収・貯金額

●ニックネーム-今から
●年齢-36歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-海外
●独身or既婚-既婚
●職業-製造業
●勤続年数-13年
●月平均残業時間-40時間
●年収(税込み)-1,000万
(通貨変動で変化)
●ボーナス-手取り夏40万・冬40万
●貯蓄額-3,600万
●借金-0

<コメント>
海外赴任10年。子供2人、嫁さん専業主婦。

もう少し貯めたかったけど、先進国は貯まりません。
赴任時から比べ、通貨も半値。年収も円価で3割減。
でも、健康でいられるのが一番安上がり。。