経営者の年収|34歳男性で年収350万。本当は生活レベル高いでしょ?

北海道で会社を経営する34歳既婚男性の社長さんから情報を投稿いただきました。

34歳男性の平均年収は約400万円なので、elleさんの稼ぎは平均以下の年収となりますが、「底辺」とまでは言い過ぎじゃないですかね?

理由は3つ。

1つ目は、年収200万円台の人も沢山いるので年収300万円台は底辺とはいえないってこと。ま、何を持って底辺と判断するのかという定義が曖昧なのでなんとも言えませんが、年収300万円台は一般的になりつつありますからね。

2つ目は残業時間。残業なくてこの年収ってことは、残業すればもっと稼げるってことでしょ?残業してもっと仕事を取ってくるも良し、他の会社でアルバイトするも良し。年収アップする方法が残ってる訳だから底辺じゃない。

3つ目は、経営者ならではの節税。想像になっちゃいますが、投稿いただいた年収は節税後の金額でしょう。つまり、本当はもっと高い年収を稼いでいるはずなのです。

経営者であれば食費や交際費、居住費など生活費の一部を経費として計上することで利益(所得)を減らし、節税対策を行なっているでしょう。

以上、3つの理由でelleさんは底辺なんかじゃないはずです。本当は年収500万円台の人と同じくらいの生活レベルなんじゃないかな??

あと、会社を経営して4年経過しているのもどちらかと言えば勝ち組の証拠。独立開業した会社の大半は3年以内に倒産しちゃいますからね。その生存競争に勝ち残っているわけなので、やっぱりelle社長は底辺なんかじゃないですね。

▼北海道で経営者をする34歳既婚男性の年収・貯金額

 ●ニックネームーelle
●年齢ー34歳
●性別ー男性
●住所(都道府県)ー北海道
●独身or既婚ー既婚
●職業ー経営
●勤続年数ー4年
●月平均残業時間ー0時間
●年収(税込み) ー300-350万円
●ボーナス-無し
●貯蓄額ー120万円
●借金ー0

<コメント>
底辺の生活中???