31歳専門職の年収・貯金額|不動産収入で400万の不労所得。

大阪府で専門職として働く31歳既婚男性から情報を投稿いただきました。

理想です。Nickさんの働き方、稼ぎ方は僕の理想です。

まず、31歳の若さで年収は600万と平均年収を大きく上回っています。31歳男性の経金年収は400万円を少し超えるくらいですから200万円近く多く稼いでいます。

次に、残業時間。人より多い年収を稼いでいる要因は残業代ではありません。残業時間は月40時間と多くはないですから。つまり、基本給が高いんですね。年収が高くて、プライベートの時間も取れる。ワークライフバランスが取れるって羨ましい。

そして、最も理想的なのは、副収入があること。しかも、副収入の中でも不労所得である不動産収入です。その金額はなんと400万円!

いつ会社をリストラされても問題なく生きていける金額です。リストラの不安から解消されます。稼ぎをアップするために必死になって出世する必要もなくなります。体に鞭打って残業代を稼ぐ必要もありません。

400万円の不労所得か・・・。本当に羨ましいですね。ま、8,000万円ものローンを組む度胸は私にはないので真似出来ませんが。。。

▼大阪府で専門職として働く31歳既婚男性の年収・貯金額

●ニックネーム-Nick 
●年齢-31歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-大阪府
●独身or既婚-既婚
●職業-専門職
●勤続年数-7年
●月平均残業時間-40時間
●年収(税込み)-600万 + 不動産収入 400万
●ボーナス-夏 0万・冬 0万
●貯蓄額- 1300万
●借金- 8000万

<コメント>
不動産で税金対策です。