転職に憧れるおっさんが本当に転職したいか冷静になって考えてみた。

転職に憧れた。転職に夢を見た。
自分の将来を自らの力で変える方法が転職だと思った。

でも、本当は違う。

今の仕事が嫌でリセットしたかった。逃げたかった。転職すれば楽しい生活が待っているに違いないと根拠のない明るい未来を夢見ただけだった。

色々と理由を付けて転職活動を正当化した。

「今の仕事は俺がやりたいしごとじゃない」
「この会社には将来性がない」
「俺の知識とスキルを最大限に生かせる職場がきっとあるはずだ」

でもね。
冷静に考えた。

自分の友達、取引先の人で会社と仕事に何の不満もなく満足してる人はいるか?ほとんどいないよね。いてもごくわずか。稀なケースだ。

転職すれば本当に明るい未来、楽しい生活が待っているのか?

一から人間関係作るの大変だよ。
今の会社で十数年働いている。それだけ働いていれば、誰が何に詳しいかも知っている。困ったときは誰に相談すれば良いかもすぐ分かるし、助けれくれる社内の人脈だってある。

これってすごく大事なスキルだ。このスキルは、一朝一夕では身につかないよ。転職すれば一からやり直し。意外と大変だと思わない?

あと、実にくだらないことだけど、コピー機の使い方だって一から覚えなきゃいけないね。残業申請のやり方も分からないし、その会社特有の暗黙の了解すら分からない。誰がお局様かも分からなければ、そのお局様のご機嫌取りの方法も一から勉強し直しだね。

まさに新入社員みたいだね。

もし、人生をやり直せるなら何も知らなかった子どもに戻ってもいいと思う。でも、おっさんの姿で小学生に戻れるか?無理だよね。

でも、極端な話、転職って同じようなものだと思う。
おっさんの容姿、物覚えが悪くなった頭、無駄に身につけたくだらないプライドを持ったまま新入社員みたいな状態になるわけだ。

以上、現在の辛い会社人生から逃げたくなった己を律するために、自らの甘えた考えをリセットするために、あえて転職を否定的に考えてみました。

でも、一理あると思いませんか?

ま、転職はデメリットばかりでダメだと言っている訳ではありません。
今まで培った知識と経験とスキルを最大限に発揮できる会社が見つかれば、転職もいいと思いますよ。

今の会社に固執する必要はないもんね。現状よりもっと楽しく仕事できそうな会社があれば転職しちゃえばいいかもね。

いずれにせよ、仕事している時間は人生の大部分を占めている訳だから、よく考えて年取った時に後悔しないようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする