年俸600万の41歳独身女性。残業はほとんど無しです!

兵庫県で年俸制の会社員をする41歳独身女性から情報を投稿いただきました。

今まで貯金を意識して来なかったとのことですが、それで1,700万円も貯金できているんだから凄いですよね。ま、稼いでいる年収と年齢を考えれば、もっと貯金できていてもいい気がするので、それなりに贅沢してきたのかな?

かずみさんの悩みは「いくら貯金すればよいか分からない」ってことです。確かにそうですよね。将来が不安だらけの日本において、いくら貯金出来れば安心なのかなんて分かりませんからね。

様々な意見がありますが、夫婦二人が平均寿命を生き抜くと考えると、60歳の定年時に6千万円の蓄えが必要という見解が妥当なようです。ってことで、退職金が2千万円と仮定すると、残り4千万円を貯金する必要があります。ま、独身だとするとざっくり半分として2千万円。安心を確保するなら3千万円必要なのかな?

かずみさんなら十分達成できる金額ですね。

▼兵庫県で会社員として働く41歳独身女性の年収・貯金額

●ニックネーム-かずみ
●年齢-41歳
●性別-女性
●住所(都道府県)-兵庫県
●独身or既婚-独身
●職業-会社員
●勤続年数-7年
●月平均残業時間-ほぼなし
●年収(税込み)-600万
●ボーナス-年俸制のためなし
●貯蓄額-約1700万円
●借金-なし

<コメント>
賃貸のマンション(家賃8万円)に暮らしています。
これまで意識して貯蓄をしてきておらず、これからはもう少しがんばらないとなあと思っています。

でもいったいどれくらい貯金すれば安心なのか、よくわからず不安です。