当直は月に10回。過剰労働です|小児科医の年収・貯金額(34歳既婚男性)

東北地方で小児科医として働く34歳既婚男性から情報を投稿いただきました。

さすがお医者様です。年収はなんと1,500万円です。でも、ちょっと働き方が異常ですよね。いつ過労死してもおかしくないような労働環境のようです。

医師不足が問題なのでしょうか?それとも、医療業界はこれが当たり前?

▼東北地方で小児科医として働く34歳既婚男性の年収・貯金額

●ニックネーム-Doctor P
●年齢-34歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-東北某県
●独身or既婚-既婚
●職業-医師
●勤続年数-2年
●月平均残業時間-?
●年収(税込み)-約1500万
●ボーナス-夏70万・冬70万
●貯蓄額-約1000万
●借金-約500万(奨学金)

<コメント>
田舎の小児科医です。
年収は多いですが、残業は当たり前、月に8-10回当直で病院に泊まっています。当直の次の日ももちろん通常業務です。

所属する大学の医局人事で1-2年ごとに大学病院や市中病院を異動しています。今年の年収は多いですが、大学病院にもどれば収入は約5分の1になります。

少なくともあと10年は1-2年ごとの異動があるため、退職金も多くは望めません。
しかし、病気が良くなって帰る時のこどもの笑顔に癒されて仕事を続けています。