残業少なめ、嫁との会話多め、出費増し増し。|12月の給与明細公開

当サイトの管理人の2011年12月分の給与明細書を公開いたします。
12月にもらった給料なので、11月の仕事に対する対価でございます。

11月も忙しかったですが、残業時間は50時間台に収まりました。
その分、給料は大きく減少しましたが、平日も自宅に早く帰って嫁さんとコミュニケーションを取る時間があり、幸せでワークライフバランスがいい感じの11月でした。

でも、早く家に帰る分、外食が異常なほどに増加。
エンゲル係数はとんでもなく伸びちゃいました(汗)

残業少なめ、嫁との会話多め、出費マシマシ。でも、幸せな月でした。

▼2011年12月の給与明細を公開

【支給額】
・基本給-380,000円
・残業手当て-160,000円(55時間分)
※支給額合計 540,000円

【控除額】
・所得税-43,000円
・住民税-35,000円
・健康保険-13,800円
・厚生年金保険-43,500円
・雇用保険-3,300円
・労働組合費-3,000円
・社宅使用料-75,000円
※控除額合計 213,600円

ということで、2011年12月の手取りは326,400円でした。
控除額に家賃負担が入っているので、それを考えると401,400円の手取り額です。

残業を80時間以上した11月の給料と比較ると約10万円の手取り減です。

ちなみに、12月も結構残業せずにさっさと家に帰って遊んじゃいました。
忘年会も多かったしね。

今月の給料も少ないだろうなぁ~。。。
正月の帰省費用が結構かかって、帰省貧乏なのにどうしようかと頭が痛いです。地方から転勤で来ている社員には「帰省手当」を出して欲しいと心から思っちゃいまいた。

帰省代だけで20万ですよ。正月の飛行機代は高すぎる!
転勤族の皆さま。そう思いませんか?

【ちなみに、私のスペック】
・年齢-30代半ば
・性別-男性
・住所-東京都
・独身or既婚-既婚
・家族-奥さんのみ(子無し)/奥さんは派遣社員
・住まい-社宅
・職業-金融系企業