建築設計の年収|お金よりも大切なものは経験!29歳独身女性

東京都の建築業界で設計関係の仕事をする29歳独身女性から情報を投稿いただきました。東京で一人暮らしをする女性です。

29歳女性の平均年収は300万円ですから平均よりも50万円多いお給料です。平均よりも多く稼げている理由は残業でしょうね。結構頑張っている方だと思います。

最近まで、「お金よりも経験が大切!」ってことで貯金をしていなかったようですが、どんなきっかけで貯金も大切だって思いなおしたんでしょうね?価値観が変わるエピソードも教えて欲しかったな。

▼建築業界で設計・クリエイティブ関係の仕事をする29歳独身女性の年収・貯金額

●ニックネーム-29歳クリエイティブ業
●年齢-29歳
●性別-女性
●住所(都道府県)-東京都
●独身or既婚-独身
●職業-建築設計他
●勤続年数-5年
●月平均残業時間-30-40時間(多い時は60時間とかありました)
●年収(税込み)-350万円
●ボーナス-夏60万・冬30万
●貯蓄額-35万
●借金-0

<コメント>
最近、ようやく貯金という意識が芽生えました。これまでは、アルバイトやインターンなど、お金より経験!という価値観で、色々なクリエイティブな現場に関わってきました。後悔はしていませんが、その中にいると貯金の感覚がある人も少なく、だいぶまずい状況だな、と反省しています。貯金という額ではないですね。

東京でずっと一人暮らししていますが、ここ数年は年収も落着いているので、この貯金の少なさは、買物や旅行を好きに楽しみ、外食が多い生活を送ってきたせいだと反省しています。

今後は地道に増やします。ただ、建築設計は、残業代のつかない残業が多く、勤務時間と金額はあわない業界なので、今度転職する時には、経験だけでなくお金や条件も大事にしたいな、と思っているところです。

こんなに少ない人もいる!と安心されたい方もいると思うので、恥ずかしい額ですが投稿します。