【会社員の年収】43歳独身男性の給料・貯金額(東京都在住)

東京都在住の43歳独身会社員から情報を提供いただきました。

43歳男性の平均年収は約620万円なので、平均と比較して780万円も多く稼いでいます。平均の2倍以上を稼ぐとはすごいですね。給料形態はやっぱり普通と違っていて退職金が年収に組みこまれるタイプのようです。

会社辞める時に一括支給されるのではなく、毎月の給料で支払われると、その分自分で貯金しなければならないわけで、貯金の管理が本当に大変ですよね。その分、投資で増やすことも可能というメリットもありますが・・・

▼43歳独身会社員の年収・貯金額

●ニックネーム-ロードマン
●年齢-43歳
●性別-男性
●住所(都道府県)-東京都
●独身or既婚-独身
●職業-会社員
●勤続年数-22年
●月平均残業時間-30時間
●年収(税込み)-1400万円
●ボーナス-夏冬150万ずつくらいだけど年俸制なので
年収の一部を寄せて出してくれるだけ
●貯蓄額-8000万
●借金-なし

<コメント>
給与はいいですが退職金がほぼ無い会社なので、自己防衛資金です。預金ではなく株式と貴金属。30歳で管理職になって昇給したのをきっかけに毎年300万をひたすら株に投資したところ、現在は時価から課税分引いて7200万円。あとは貴金属。配当収入も最近は年に200万円超。

防衛資金としては十分なので今はほぼすべての給与収入を普段の生活の質の向上に使っていて、配当収入の200万円のみを再投資しています。税金が二重取りされて悔しいですが。もちろん株で失敗するとぶっ飛びます。