【外資系コンサルタント】31歳独身女性の年収・貯金額

外資系コンサルタント勤務31歳独身女性の年収・貯金額情報です。

31歳女性の平均年収は約300万なので、平均の5倍以上を稼ぎ出すスーパーキャリアウーマンです。31歳で年収1,600万円とは本当にすごいですね。

さすが外資系です、さすがコンサルタント業です。でも、金持ちは金持ちなりの悩みも抱えているようです。が、贅沢な悩みですね。

▼外資系コンサルタント勤務31歳独身女性の年収・貯金額

●ニックネーム-そら
●年齢-31歳
●性別-女性
●住所-東京都港区
●未既婚-独身(未婚)
●職業-外資系コンサルタント
●勤続年数-8年(前職と合計)
●月平均残業時間-100~120時間
●年収(税込み)-1,600万円
●ボーナス-年1回=400万円
●貯蓄額-1,800万円(サブプラ含み損考慮後)

<コメント>
外資系一筋。好景気の年には年収2,000万近くあった年もありましたが、その割には貯蓄は少ないかも・・・。基礎消費が高めであまり溜まりません。ちなみにこんな感じです。

【衣】スーツ・靴など、平均して月7万円
【食】ほぼ外食なので、月10~15万円
【住】港区のマンションで月25万円

あー!!そうそう。それに税金と保険料が半端なく高いです。住民税だけで月10数万円。正確には忘れましたが、健康保険・社会保険をいれると、年間500万弱(!)は取られているはずです。。一体、何人分納税してるんだろう。忙しくて公共サービスも使えないし、風邪ひいても、病院さえも行く時間がないのに。。

しかもサブプライムショックで、1000万ぐらい含み損がでてました(涙)外資系は高給なようにみえて、定年までは働けないし、退職金もないので本来もう少し貯める必要があるのかもしれませんが、つい使ってしまいます。

それにしても、こういう暮らしをしていると、ちっとも男運があがりません(涙)コンシェルジュつきのマンションに住んでいますが、最近のマンションは外観が派手なので、男性をつれてくるとドン引きされます。うう・・・。男性はこういう暮らしをするとモテるのでしょうけれど、女性だと、なんとなく世知辛いです。